3.GitHubからコードをコピーし、E2D3が起動できることを確認する

ターミナル(黒い画面)で実行する

  • 赤文字…実行したコマンド
  • 灰色文字…環境により異なる

3-1.Githubからコードをコピーする

  1. 左上が (自分のGithubのアカウント)/e2d3-contrib になっていることを確認
  2. 右側の緑色のボタン[Clone or download]ボタンをクリック
  3. 下の欄のアドレスをコピーする
    gitclone

  4. ターミナル(黒い画面)でgit cloneコマンドを実行する
    git clone (コピーしたアドレス)

実行例

$ git clone https://github.com/(自分のGithubのアカウント)/e2d3-contrib.git
Cloning into 'e2d3-contrib'...
remote: Counting objects: 2552, done.
remote: Total 2552 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 2552
Receiving objects: 100% (2552/2552), 41.08 MiB | 292.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1155/1155), done.
Checking connectivity... done.

3-2.E2D3コマンドを実行

実行例

3-2-1.cdコマンドで生成されたe2d3-contribフォルダに移動

$ cd e2d3-contrib
$ pwd /Users/(username)/e2d3_dev/e2d3-contrib

3-2-2.e2d3コマンドを実行

$ e2d3
[E2D3] Publish /Users/(username)/e2d3_dev/e2d3-contrib
[E2D3] Webserver started at http://locahost:8000
[E2D3] Webserver(SSL) started at https://localhost:8443
GET / 304 8.175 ms - -
GET /lib/main.css 304 4.689 ms - -
(省略 ※何か作業するたびに行が増えていきます)

3-2-3.ブラウザでE2D3の画面(localhost:8000)が起動します
localhost01


【ノンプログラマのための】E2D3開発環境準備手順
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ]